商品先物取引に伴う被害について

商品先物取引に関しては、商品取引所法等において委託者保護のための規定が設けられています。

裏を返せば、中には悪質な営業担当者がいるということかもしれません。

顧客の利益は顧みず、手数料を稼いで自分の実績を上げることだけを考えている悪質な営業担当者の言いなりに取引を行い、多額の損失を被ってしまったという被害例は沢山あります。

悪質な営業担当者は、商品先物取引に関して十分な知識や経験のない人に対して、次から次へと取引を勧誘し、それらの取引から損失が発生すると「必ず損失を取り戻しましょう。」、「今が頑張りどころです。」、「私に任せてください。」などと言って新たな取引を勧誘、その結果、さらに損失が膨らみ、結局はすべての資産を失ってしまったという例もあるそうです。

商品取引所法等には、こうした悲しい事例を未然に防ぐために、

 商品先物取引についての知識や経験が不足している人への勧誘の禁止

 商品先物取引におけるリスクについて、顧客に十分に説明しなければならない説明義務

「今買えば絶対に儲かる」、「私に任せてください」などの断定的判断を提供することの禁止等

の規定が設けられています。

商品先物取引はリスクの高い商品です。余裕資金の範囲で取引を行うことをお勧めいたします。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する手間いらず株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。