(アール・エス・アイ)

テクニカル分析のオシレーター系売買指標の一つ。 “Relative Strength Index”の略で、「相対力指数(そうたいりょくしすう)」という名称も一般的になっている。 過去一定期間の価格変動における値上がり幅の割合を示す指標で、0%~100%の値をとり、70%以上は買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎと判断する。 また、逆行現象も天底の可能性を示唆するものとして注目される。