(あたまがおもい)

今後の価格上昇に何らかの懸念があるため上値を買い進みにくいときや、上値に多くの売り指値注文が出されていることにより上昇力が押さえ込まれていることをいう。例えば、前回の高値に迫って値上がりのペースが鈍った場合などに「このあたりでは頭が重くなる」というように用いる。