(さや)

広義では、価格差の総称。具体的には、銘柄間、限月間、市場間の価格差や、建玉時と決済時の価格差などのことをいう。商品先物取引において単純に鞘という言葉が用いられる場合、限月間の価格差や価格の連動性の高い銘柄間の価格差を指すことが多い。