(さやすべり)

順鞘の相場において、期近が納会を迎えて取引出来る期間が短くなるほど価格が下がることをいう。