(さやとり)

広義では、時間の経過による価格変動、銘柄間、限月間、市場間における価格の開きをから利益を得ようとする取引をいう。 商品先物取引において単純に鞘取りという場合、限月間の価格差や価格の連動性の高い銘柄間の価格差が、今後大きくなるのか小さくなるのかを予測し、売りと買い両方の建玉を保有して利益を得ようとする取引を指すことが多い。