(かんさんにうりなし)

相場の格言の一つ。特に材料も無く出来高も少なく安値での保ち合いとなると、理由も無く売り玉を建てたい心理状態になることがある。しかし、値下がりした後の低迷状態には、何らかのきっかけで反発する下地が整っていることを忘れてはいけない、ということ。