(かわれすぎかん)

値上がりが続いた後、反動による値崩れを警戒するムードのことをいう。また「テクニカル的な買われ過ぎ感」とした場合、RSI等のオシレーターが一定水準を上回った場合等に用いられる。対義語は「売られ過ぎ感(うられすぎかん)」。