(かいつなぎ)

現物の売り約定をした場合に、その後の値上がりによる損失を補うため先物市場において買いつけることで、取引所が果たす重要なヘッジ機能の1つをいう。対義語は「売りつなぎ(うりつなぎ)」。