(みきりせんりょう)

相場の格言の一つ。 どんなに大きな損失でも、その初期において「見切り」をつければ小額の損失で済むという教えである。