(のうかいび)

最後の立会日のことをいう。特に断りがなければ、期近の限月の取引が終了する「当限納会(とうぎりのうかい)」のことを指すことが多い。 他にも、年末の最終営業日を「大納会(だいのうかい)」または「年末納会(ねんまつのうかい)」という。 また、納会日の値段が高かった場合を「高納会(たかのうかい)」、安かった場合を「安納会(やすのうかい)という。