(ふしめ)

過去の高値や安値、あるいは大台替わりなど、多くの市場参加者が意識する価格のことをいう。 このため、強力な支持や抵抗を受けやすいが、一方で、節目を越えてしまうと急激な値動きにつながることも多い。