(あいたいばいばい)
売り方と買い方とが互いに売買の相手方を選び、1人の売り方と1人の買い方とが協議して売買を約定し、その売買の当事者が受渡しの責を負う売買方法であって、単に「相対(あいたい)」ともいう。