(げんきんけっさいさきものとりひき)

売買する当事者が、商品についてあらかじめ約定価格と、将来の一定の時期における現実の当該商品の価格の差に基づいて算出される金銭の授受を約束する取引のこと。