(ぎょくほぐれ)

取引の人気が高まって取組高が増加した後、市場の動意が失われ妙味とともに取組高が減少することをいう。