(あらいかんじょう)

個々に成立した約定値段を一定の帳入値段に引直し、差金を授受することで、「差金勘定(さきんかんじょう)」ともいう。