(ようすみ)

見通しが立て難いため、売買せずに市場の動きを見守ることをいう。同義語は「模様眺め」。 主だった材料が見当たらない場合や重要な景気指標の発表前には、様子見となりやすい傾向がある。