(いたよせザラバせっちゅうほう)

競売買による単一約定値段により行う売買約定方法で、板寄せの方式にザラバの方式を織り込んだもの。板寄せに比して複雑であって、大量の取引のある売買にはあまり適さないが、会員間の仮約定を基準にして相場が形成される長所がある。