(あさより)

前場の最初の取引のことで、特に後場の寄付きと区別したい場合に用いられる。単に「寄り(より)」、「寄付き(よりつき)」ともいう。