(にちぎんきんゆうせいさくけっていかいごう)

日銀の政策委員会が月に1、2回開催するもので、金融調節の基本方針、公定歩合、預金準備率の変更などの金融政策を集中的に話し合う。決定事項については、会合終了後直ちに決定内容を公表し、 議事要旨については会合の約1か月後にを公表する。 総裁と2人の副総裁、6人の審議委員が構成メンバーで、財務大臣および経済財政政策担当大臣、財務省などの政府代表もオブザーバーとして出席するが議決権はない。