(おしめ)

騰貴傾向にある相場が一時下がったときまたはその下がって来た安値をいい、この安値を買うのを「押目買い」、「押目拾い」または「押目すくい」といい、また、押目が出たら買おうとして待っていることを「押目待ち」という。