(おしめまちにおしめなし)

多くのものが押し目待ちのときには、売ろうと思っているものも安値は売れないと差控えるから売り物が少なくなり、相場はかえって押目をみせず、一本調子に上げてゆくことが多いということをいう。