(おもわく)

「思入れ(おもいいれ)」ともいい、投機者が値上がりもしくは値下がりを見込んで売買することまたは相場の変動に対する見込みのことをいう。