(おもわくうり・おもわくがい)

現在相場はある程度高いところにあるが、将来は下がると見込まれるので、その下がったときに買いもどして利益を得ようとして高い相場の時に売ることを「思惑売り」といい、「売り思惑(うりおもわく)」ともいう。 また反対に将来相場が高くなることを見込み、その高くなったところで転売して利益を得るために買うことを「思惑買い」といい、「買い思惑(かいおもわく)」ともいう。