(あたりやにつけ)場の格言の一つ。時折、買ったら上がり、売ったら下がり、取引するたびに連戦連勝という「当り屋(あたりや)」が出現する。第三者はいろいろ考えずに 当り屋 に便乗した方が良いという意味である。しかしながら 当り屋 がいつまでも 当り屋 でいる保証は無いし、自らの相場観でない建玉で失敗すると、極めて後味が悪い。「当り屋にちょうちん(あたりやにちょうちん)」と同義。