(あたりやにつくなまがりやにむかえ)

相場の格言の一つ。「当り屋(あたりや)」がいつまでも 当り屋 でいる保証は無い。ならばむしろ、徹底的に悪循環に入った「曲がり屋(まがりや)」に向かう方が良いという意味である。ただし、自らの相場観でない建玉で失敗すると、極めて後味が悪い。