(いやけ)

相場が自分の思うとおりに動かずもしくは変動が少ないため相場や自分の抱いている売買玉に悲観気分を持つこと。または悪材料が出たときこれをきらうことをいう。