(おおぞこ)

相当長い期間には、相場の波にいくつかの底があるが、その底のうちで一番安い底のことをいい、「陰の極(いんのきょく)」ともいう。