(おおもちあい)

相場が小高低を繰り返して高低ともに新値を出さないこと。 または相場が長期間保ち合っていることをいう。