(うりにげ・うりぬけ)

買った玉に利が乗って、予想どおりの水準にまで相場がきたようなときに、相場が下落しないうちに転売することをいう。また単に全買い玉の売り手仕舞にも用いられる。