(うりつなぎ)

現物を持っているかまたは現物を買い付けたものが、その値下がりによる損害を防ぐため、先物市場において売り付けることをいい、取引所が果たす保険作用の一つで、取引所の重要な機能になっている。