(うりおもわく)

相場の低落を見越して売ることで実物を持たずにまたは実物の手当の見込みがないまま売ることで「カラ売り(からうり)」ともいわれる。