(うりのせ)

先安を見越して先物取引で売っていたところ予期どおり相場が下がって利が乗っているので、さらに先安とみて売り物を増すことをいう。