(うりあがり)

先物取引において相場が高くなればなるほど売り玉を増加して売り玉の平均値段を高くすることで、「難平売り上がり(なんぴんうりあがり)」ともいい、また、実物取引において相場の上がることを考慮して一度に全部を売ってしまわずに相場が上がれば上がるたびに少しずつ売ることをいう。