(いんがぎょく)

安値で売った後に相場が上がりまたは高値で買った後に相場が下がって、損計算となっているため手仕舞えなくなっている建玉のことをいう。また、「しこり玉(しこりぎょく)」ともいう。