(むかう)

特定の相手と逆の売買を行うことをいう。いつも相場で損失を出している人の反対の売買を行うことを「曲がり屋に向かう」などといって用いる。 商品取引員が顧客と売り買い逆の注文を出して注文を成立させることは、かつて不正の温床といわれたこともあり規制されている。