(ぶんさんとうし)

特定の対象だけに投資するのではなく複数の銘柄や商品に分けて投資することにより、特定の投資対象に激しい価格変動が生じた場合でも、資産全体としての変動を軽減することをいう。