(ねごろけいかい)

すでに値頃と思われる価格までの値動きがあったため、追随して買いまたは売ることに危険を感じることをいう。同義語は「値頃恐れ(ねごろおそれ)」。