(ねごろ、ねごろかん)

価格が高いか安いかを、絶対値から判断する感覚のことをいう。例えば、価格そのものを見て「○○円はお買い得」「いくらなんでも○○円は高すぎる」というような感覚のことをいう。