(ねあらい)

(1)未決済の建玉について、現在の評価価格で決済した場合の仮の損益計算のことをいう。

(2)取引所では事務の処理上、大引け後に多数の約定値段をある一定の値段に引き直すこととしているが、この場合に生ずる差金を計算することをいう。