取引所では、一日の変動幅を前日の終値を基準に、上下いくらと制限しており、制限値幅いっぱいの上昇を「ストップ高」、逆に下落を「ストップ安」と呼ぶ。 偏った売買や投機的な売買により、市場が混乱することを避けるためのルールとされる。