(かかくへんどうりつ)

価格変動の平均値のことで、一般的には1日の価格変動の標準偏差を年率換算して表される。価格の変動幅が大きいほど価格変動率は高くなり、値動きが激しい様子を、「価格変動率が高い(大きい)」などと表現する。同義語は「ボラティリティ」。