(かかくゆうせんのげんそく)

売買注文が約定する優先順位を決める原則の一つ。指値注文と成行注文なら値段に条件を付けない成行注文の約定を優先し、買い指値注文ではより指定値段が高いほど優先し、売り指値注文ではより指定値段が安い指値注文ほど優先して約定させる原則のことをいう。売買注文が約定する優先順位を決める原則には、もうひとつ「時間優先の原則(じかんゆうせんのげんそく)」がある。