(かりじゅ、かりじゅよう)

商品先物取引では、実際に現物を必要とするのではなく、差金決済を目的とした買い玉や買い注文のことをいう。対義語は「実需(じつじゅ)」。また、現在の時点では需要はないが、先々の需要を考慮して手当をする買い物の意味にも用いられる。