(なかもの、ちゅうもの)

各限月のうち、納会日までの期間が最も短いものと最も長いものを除く中間の限月のことをいう。 同義語は「中限(なかぎり、ちゅうぎり)」、「中月限(なかげつぎり、ちゅうげつぎり)」。 なお、納会日までの期間の長さが3番目と4番目の2つの限月のみを指す場合もある。