(したねよち)

現在の価格から値下がりしていく可能性のことをいい、「まだ下値余地がある」などといって用いる。対義語は「上値余地(うわねよち)」。