(いっぷく)

上げ続けた相場もしくは下げ続けた相場が一時に上下しなくなること。または売買がかなり進んだあと一時売買がないことをいい、「息入れ(いきいれ)」ともいう。