(るーぶるごうい)

1987年2月22日にパリのルーブル宮殿で開かれたG7において採択された為替レートの水準についての合意のこと。 その後、当時進行していたドル安に歯止めをかけ日米間の通貨レートの不均衡を是正を目的として、為替市場への協調介入が行われた。