海外では貴金属は通貨の一つととらえられており、貸出金利をともなう貸し借りが行なわれている。 主な借り手は、借りた貴金属を一旦売却して生産費用にあてる鉱山会社や、現物の売りポジションを望む貴金属ディーラーが挙げられ、主な貸し手は各国の中央銀行である。