(りすくかんり)

損失を限定するために設ける取引を行う上でのルールのことをいう。 資産全体でのリスクテイクの割合や個別の取引における損失限度を定めたり、取引をデイトレードに限定したり、連動性の低い投資対象に分散するなど、様々な方法が用いられている。